女性が憧れるお仕事、ウェディングプランナーの活躍内容について紹介

女性が活躍できる職場

ウェディングプランナー

仕事内容

ウェディングプランナーの仕事を一言で表すなら「新郎新婦のお手伝い」でしょうか?
一生思い出に残る最高の結婚式を挙げれるよう、挙式のプロとしてアドバイスを送ります。詳細な仕事内容としては以下の通りです。

【ウェディングプランナーの仕事内容】
・式場を選んでいるカップルへの対応
多くのカップルが、挙式を行う場所を決めるまでに複数の式場の下見にいきます。来館時は、自社を選んでもらえる最大のチャンス。独自のサービスやお得な料金プランなど、お客様の心を掴むための案内や提案を行います。
・衣装合わせ
衣装室の担当者と連携を取りながら、衣装合わせの日時を決めます。
・食事
新郎新婦やご家族の話を交えながら、最適なコースをご案内します。
・招待状・席決めのサポート
招待状は、おおよそ式の3ヶ月前に出せるよう、準備してもらう必要があります。招待状を用意する時期は、他の挙式準備とも重なり新郎新婦も忙しいので、余裕を持って準備できるようサポートします。
・BGM・会場レイアウトの決定
お二人が思い描いている結婚式を完成させるためのBGMや会場レイアウト決めも大切な仕事です。
・式当日の裏方作業
最高の一日となるよう、影ながら式の進行をサポートします。

他にも、決め細やかな業務が盛りだくさんです。結婚式に関連した全てのシーンにおいて、ウェディングプランナーは携わっていると言えますね。

どんな風に活躍してるの?

「結婚式」という人生で最も幸せに満ちた一大イベントを支えるウェディングプランナー。結婚式を挙げる人の大半が土日を挙式日に選ばれるため、基本的に週末や祝日は出勤日となります。平日は平日で、仕事を終えてから来館されるご契約者が多いため、勤務終了時間が定時を越えることも珍しくありません。それでも、女性に不動の人気があるのは、やはり幸せに満ちた職場で働きながらやりがいある仕事に携われるからでしょう。
活躍場所として多いのは言うまでもなく結婚式場です。あと、挙式可能なホテルやレストランでもウエディングプランナーは需要がありますね。中にはイベント会社などで活躍する人も。志の高い方になると、海外のウエディングプランナー資格を取得し、国を超えて活躍する人もいます。

求人の探し方

ウェディングプランナーになりたいと願う女性は多いですが、実のところ求人数はさほど多くありません。どちらかと言えば、狭き門です。そんな少ない求人をものにするにはどうすればいいか?答えは簡単、少しでも多くの場所にアンテナを張り巡らせておけばいいのです。ハローワークを訪れてみるのはもちろん、求人情報誌を頻繁にチェックすることも怠りなく。もし、あなたが実際にウエディングプランナーとして活躍した実績があるのであれば、直接気になる式場に問い合わせてみるのもありかもしれませんね。

こちらの記事も合わせて読みたい!

女性が活躍できるよう企業も努力している!女性が活躍できるよう企業も努力している!女性の雇用や活躍推進に力を入れているのは何も国だけではありません。企業単位でも力を入れているところがあります。中でも特に力を入れている企業3社の取り組みについて見ていきましょう。

明日からまた頑張って働く女性へ明日からまた頑張って働く女性へ皆さんは「働くなでしこ大作戦」という言葉をご存知でしょうか?実はこちら、国による女性支援の一環なんです。具体的にどのような事を行っているのか、見ていくことにしましょう。

看護師看護師女性の就労者の割合が多い職業といえば、やっぱり看護師!看護師の仕事内容から活躍のフィールド、さらにはオススメの求人探しの方法まで、くまなくお伝えしていきます!

「プライベートも充実したい!」女性が急増中「プライベートも充実したい!」女性が急増中仕事は仕事で頑張れるけど、プライベートの時間はしっかり確保したい!そんな女性たちのためのページです。利用できるものならぜひとも利用したい、面白い休暇制度についてもご紹介しています。

ページTOPへ