女性職員の働きやすさを支える取り組みに積極的な企業を紹介!

女性が活躍できる職場

女性が活躍できるよう企業も努力している!

某企業A

女性に大人気の大手化粧品メーカーでは、女性が安心して働けるよう仕事と育児の両立制度が整えられています。その一例をご紹介しましょう。
《育児休業制度》
子どもが満1歳2ヶ月を迎えるまで取得OK!
《育児時間制度》
小学校3年生の子どもがいる場合、1日2時間まで取得可能
《カンガルースタッフ制度》
育児時間を取得するスタッフのピンチヒッターとして応援スタッフを派遣。育児時間の取得の際に気になる周りの人への負担も考えずに済みます
《チャイルドケアプラン》
上司と職場復帰までの流れをしっかり相談できるから、妊娠・出産も安心!
《子の看護休暇制度》
小学校入学前の子どもの体調不良による看護休暇。最大5日取得可能

これだけのバックアップ体制があれば、妊娠・出産・子育ても安心ですね!

某企業B

女性職員の割合が多い、大手保険会社Bの企業努力もすさまじいです。特に、キャリアを積みたいと考えている女性職員のために、「ダイバーシティ」を推進している点が魅力ですね!初めてその言葉を耳にする方のために、言葉の意味からご説明することにいたしましょう。「ダイバーシティ」には直訳すると「相違点」という意味があります。それぞれの「違い」を理解し、個人個人の能力を最大限に活かしてもらいたい、そんな想いがこの推進にはこめられていることが想像できます。このように、社員一人ひとりを大切にしている企業だからこそ、女性職員の満足度も高いのでしょうね!
キャリア・トランスファー制度を採用している点も、これから結婚を控える女性やご主人が転勤族という方に指示されています。やむを得ず転居することになっても、転居地での勤務を続けることができる「希望勤務地認定制度」があれば、安心してキャリアを積んでいくことができますからね!もちろん、産休・育休制度や勤務時短制度などママさんにとって助かる制度もバッチリ整っています!

某企業C

企業Cの取り組みも先ほど紹介した2つの企業に引けをとりません。特に育児がしやすい点が素晴らしく、母性健康管理休暇を有給として取得できる他、育児休業制度も法定で定められた期間以上の休み取得が可能など、女性にとって嬉しい制度が整っています。なんと在宅保育サービスまで受けることができるんですよ!これだけしっかりとサポートがされていれば、女性は安心して育児と仕事の両立を行えますね。
フレックスワークアワー制度や時間短縮勤務、在宅勤務といった柔軟な勤務形態も多くの従業員に支持されています。

こちらの記事も合わせて読みたい!

女性が活躍できるよう企業も努力している!女性が活躍できるよう企業も努力している!女性の雇用や活躍推進に力を入れているのは何も国だけではありません。企業単位でも力を入れているところがあります。中でも特に力を入れている企業3社の取り組みについて見ていきましょう。

明日からまた頑張って働く女性へ明日からまた頑張って働く女性へ皆さんは「働くなでしこ大作戦」という言葉をご存知でしょうか?実はこちら、国による女性支援の一環なんです。具体的にどのような事を行っているのか、見ていくことにしましょう。

看護師看護師女性の就労者の割合が多い職業といえば、やっぱり看護師!看護師の仕事内容から活躍のフィールド、さらにはオススメの求人探しの方法まで、くまなくお伝えしていきます!

「プライベートも充実したい!」女性が急増中「プライベートも充実したい!」女性が急増中仕事は仕事で頑張れるけど、プライベートの時間はしっかり確保したい!そんな女性たちのためのページです。利用できるものならぜひとも利用したい、面白い休暇制度についてもご紹介しています。

ページTOPへ